visa法人カードはゴールドやプラチナを作った方が良いの?

visa法人カードのステイタス

visaの法人カードには、一般カードとゴールドカード、プラチナカードとがあります。このそれぞれの違いは、年会費の額がまず違いますし、利用枠も一般よりもゴールド、ゴールドよりもプラチナというように、金額が上がっていきます。付帯するサービスについては、visaの法人カードについては一般カードでは海外旅行傷害保険のみですが、ゴールド、プラチナカードには国内、海外旅行傷害保険が付いているというくらいで、あまり大きな差はありません。

企業のニーズを考えて

そのため、visaの場合は一般の法人カードを作るという個人事業主の方も多くいます。企業の規模やニーズに合わせたサービスが付いていれば、一般でもゴールドでもどちらでも構わないのです。ただ、利用枠が一般の場合20万円から40万円となりますが、ゴールドだと100万円までになります。接待などが多くなり、利用金額がかさむと予想される場合はゴールドにしておくと安心です。

会社の状況を照らし合わせる

もしゴールドカードやプラチナカードを持つとしても、年会費の対費用効果を考えないと年会費の支出が無駄なものになりますので、今の会社に必要なサービスであるのかを見極めるようにしましょう。例えばゴールドカードだと海外旅行傷害保険が5000万円付帯していたとします。しかし海外出張がほとんどないのであれば、使うことはないでしょう。空港ラウンジ利用可能とあっても、飛行機をほとんど利用しない企業なら必要ありません。これよりも、使うたびにポイントが貯まるとか、キャッシュバックがある、などの方が良いわけです。ステイタスを重視するのであれば、ゴールドやプラチナを検討すれば良いかもしれませんが、会社のためになる法人カードを作りたいのであれば、サービス内容と会社の状況がぴったり合ったものを選ぶのが一番です。各カードのサービス内容は、ホームページなどで詳しく書かれていますので確認できます。