法人カードにはどんな特長があるの?

法人カードが有効に機能するのは

法人カードは、持つととても有効に機能するという企業があります。それが、中小企業や個人事業主なのです。これらの企業は大企業と違い、スタッフの人数も限られています。できるだけ経理事務は簡単にして負担にならないようにしないといけません。経理事務は、あまり知られていませんが実は煩雑な仕事がたくさんあって結構な負担になっているのです。法人カードを作って利用すると、経理の処理が簡単になりますので経理事務の負担が軽くなり、人数が少なくて忙しくて大変だという企業にはぴったりなのです。

年会費について

法人カードの場合、visaをはじめほとんどのカードで年会費が必要です。個人のクレジットカードでは、年会費永年無料とうたっているところが多く見られますが、法人カードでは年会費永年無料のところはないと考えてください。年会費はカードのステイタスによっても違いますが、カード会社によっても設定金額は違います。法人カードの年会費は経費として計上できますし、またこれを支払っているから様々な付帯サービスが受けられるのです。カード会社も、年会費を徴収するから良いサービスが提供できるのです。

年会費が安くても充実のサービスがある

年会費をいくら経費で計上できるからと言っても、やはり個人事業主の方にとっては少しでも安い年会費の方が良いものです。法人カードの年会費と言えば高いイメージがありますが、1万円以下でゴールドカードもありますし、一般カードなら2000円までで持つことができます。付帯サービスについても、年会費が安いからと言って極端に悪いというものはありません。付帯している損害保険などの補償金額に少し差がある程度です。法人カードを作る時は、付帯するサービス内容をしっかりとチェックし、自分の企業の規模に合うものを選ぶようにしましょう。一般カードでも、ゴールドカード並みの付帯サービスをつけているところもありますから、十分に検証してから申し込むようにすると良いでしょう。