visa法人カードはいくつか種類がある

法人カードは大きく2つに分けられる

visaの法人カードには、いくつか種類があります。まず、中小企業や個人事業主向けのビジネスカード、大企業向けのコーポレートカードに分けられ、それぞれに一般カード、ゴールドカード、プラチナカードがあります。ゴールドやプラチナはカードの発行会社によってあるところとないところがあります。

ビジネスカードとコーポレートカードの違い

中小企業や個人事業主向けのビジネスカードは、代表者のカード1枚と従業員向けに追加できるカードの枚数が20枚以内と決められています。法人カードを持ち、使用する従業員が20名以下であればビジネスカードで十分です。大企業向けのコーポレートカードとは何が違うのかというと、コーポレートカードはカードの使用者が20名以上であることが条件となっている点です。大きな企業でたくさんの従業員がカードを使用するのであれば、コーポレートカードということになります。

自分の会社にぴったりなものを

付帯するサービスについては、ビジネスカードもコーポレートカードも大差はありません。カード発行枚数が違うのと、利用枠が違うくらいです。利用枠は、ビジネスカードの場合いくらまでと決められていますが、コーポレートカードについてはカードの利用者ごとに利用枠が設定できるようになっています。visa法人カードは、発行会社によって買い物がお得にできたり、マイルが貯まったりするので、自分の会社は飛行機を使う出張が多いところならマイルが貯まりやすい法人カードを作るとか、接待が多いところなら飲食店などが割引価格で利用できる法人カードを作るなど、よく考えて作るようにしましょう。せっかくカードに良いサービスが付帯していても、ほとんど生かせないのでは作った意味がありません。visaカードと一言で言っても、とてもたくさんの種類があるので自分の会社にぴったりなものを見つけ、作るようにしましょう。visaの法人カードの種類と特長がまとめてあるサイトもありますので、大いに活用して検討するようにしてください。