法人カードならどこがおすすめ?

まずは情報集めから

法人カードは多くのカード会社が発行しており、初めて法人カードを作る時は迷ってしまいます。それぞれのカード会社のホームページなどを見ても、魅力的なサービスがたくさんあるのでなかなか一つに絞り切れないのが現実のようです。知人などから紹介されることもあるかもしれませんが、自分で調べて決めるのも法人カードのことが良く知れて勉強になるのでいろんな情報を集めてみるのも良いでしょう。

口コミ情報サイトも活用しよう

最近ではインターネットにも情報がたくさん掲載されていて、各カード会社のホームページだけでなく、実際に法人カードを利用している人の口コミ情報やおすすめのカードをまとめているサイトが充実しています。このようなサイトを参考にして、どの法人カードを作るか検討してみましょう。口コミ情報などでもよく挙がっているのが、visa法人カードです。

Visa法人カードはサービスが充実

visa法人カードは付帯サービスが充実しており、特にvisaビジネスゴールドカードは海外、国内旅行損害保険やショッピング補償、利用金額に応じてポイントが貯まるサービス、ETCカードの複数枚発行可能などがあります。出張が多い企業なら、この法人カードを作っておくと様々な特典が受けられます。ゴールドカードなので年会費が利用者1名につき10000円、2名以上からカード1枚につき2000円が必要ですが、これらのサービスが受けられるのなら年会費を支払ってもその分以上の値打ちはあります。プラチナカードはゴールドカードにあるサービス内容とほとんど同じですが、利用枠が大きくなります。しかし、年会費は50000円に跳ね上がりますし、サービス内容から考えるとゴールドカードでも十分機能すると考えられます。

アメックスは企業人の憧れ

visaの他におすすめの法人カードとしては、アメックスのビジネスゴールドカードです。アメックスと言えばアメリカン・エキスプレスのことで、法人カードの老舗です。アメックスの法人カードは信頼性が高く、まずはこのカードを持ちたいという経営者も多いです。付帯するサービスの充実度は高く、海外、国内旅行損害保険やショッピング補償も高額なので安心です。ただし、その分年会費が26000円と高額ですが、これを支払ってでも入りたいという法人は多いのです。また、アメックスの法人カードは、会社が設立されて1年未満のところでも審査に通りやすいと言われているので、申し込みのチャンスです。

使いやすいJCB法人カード

もう一つおすすめの法人カードは、JCB ゴールド法人カードです。この法人カードには、利用金額に応じてポイントを貯めていくものと、キャッシュバックをするものとの2種類があり、希望の方を選んで作ると良いです。付帯するサービスは海外、国内旅行損害保険の補償金額が充実しており、航空券が専用割引運賃で利用できるので出張が多い企業にはおすすめです。もちろん車をよく利用するのなら、法人ETCカードや給油専用カードを発行することができますので経費節減に活躍してくれます。こちらの年会費はこれだけのサービスが付いていて10000円ですからかなりお得感があります。さらに新規入会すると初年度は年会費無料となります。

ニーズに合わせたカードを選ぼう

どのカード会社が発行する法人カードもそれぞれサービスの充実を図っています。その中から選ぶのは難しいですが、自分の会社はどんなことにお金を使うか、どの経費を節減していきたいかを考え、それに合ったものを選ぶようにしましょう。おすすめの法人カードはたくさんありますが、その中でも特におすすめしたいのが上記のvisa、アメックス、JCBの3つです。これらのうち、どこにするかはサービス内容などを比較して決めるようにしましょう。サービス内容と年会費は大事なチェックポイントになります。法人カードは個人事業主であればビジネスローンでの資金調達のような使い方も可能です。

法人カードとビジネスローン